小規模オフィスでネットワークを構築する方法について

これから会社を起業する際、インターネット環境は必須のものです。なぜなら顧客との連絡は、今やメールが主流となっているからです。また簡単な調べ物をする時ですら、まずはインターネットで調べるのが基本です。その為、小規模オフィスでもネットワークの構築をすることになりますが、パソコンが苦手な方ほど難しく考えがちです。そこで、苦手な方でもわかりやすいようにネットワーク構築の手順について説明していきます。

これから会社を起業する際、インターネット環境は必須のものです。

なぜなら顧客との連絡は、今やメールが主流となっているからです。

また簡単な調べ物をする時ですら、まずはインターネットで調べるのが基本です。

その為、小規模オフィスでもネットワークの構築をすることになりますが、パソコンが苦手な方ほど難しく考えがちです。そこで、苦手な方でもわかりやすいようにネットワーク構築の手順について説明していきます。

目次

1.どの程度のネットワークを構築するのか?

どの程度のネットワークを構築するのか?
まず始めに、どの程度のネットワークを構築するか考える必要があります。

例えば、従業員が自分一人だけならばインターネットに繋げるだけで仕事は出来てしまいますし、複数の人がいるならば作成したファイルをネットワーク上で共有できる環境があると便利です。

なぜなら、ファイルを共有出来ると作業効率は格段に上がるからです。

以前は文書を作ったら紙ベースで共有・保管するのがメインでした。しかし、今や小規模オフィスであってもパソコンでファイルを作成したら、社内のネットワーク上に保存し、社員同士で共有するようになってきました

もしも作成したファイルを各々のパソコンで保存したままならば、その社員が不在の場合にファイルを閲覧したり、代わりに続きを作成することは難しくなります。

それは、ファイルの保管場所など他の社員は知りえないので、まずは該当のファイルを探すのに時間が掛かってしまうからです。その社員しかわからないパスワードがパソコンの起動時に設定されていたら、もうお手上げです。

そこで、インターネットに繋げるだけなのか、お互いにファイルを共有するのか、共有する場合はどういった方法をとるのかを考える必要があります。

2.社内ネットワークの構築方法

社内ネットワークの構築方法
では、具体的な社内ネットワークの構築方法について、段階を追って説明していきましょう。

まずはインターネットに繋ぐ方法ですが、有線無線があります。

つまり、LANケーブルを使って物理的にルーターなどと繋ぐか、無線LAN親機(Wifiルーター)を設定して、LANケーブル無しでインターネットに繋ぐかということです。

無線LANの方がケーブルが無い分、圧倒的にパソコン周りや床はスッキリします。しかし、有線に比べて無線は、インターネットに繋がらないなどのトラブルが起こりやすくなります。

また、電波を使ってデータを飛ばしているので、有線よりもセキュリティ対策が重要になってきます。つまり、無線の方が設定やトラブル時の対応の難易度が上がってくるため、対応出来る人がいない場合は有線にしましょう。

次に、いよいよネットワークの構築です。

実はファイルの共有だけならば簡単です。インターネットに繋ぐ際にルーターを使用していれば、ファイルを入れたフォルダをお互いに閲覧出来るように、それぞれのパソコンで設定するだけです。

しかし、これは各パソコンの電源が入っていないと閲覧することは出来ない為、不在の場合もパソコンの電源が入っている必要があります。常に電源が入った状態では、パソコンに負担が掛かってしまいますし、電気代もかなり掛かります。

そこでもう少し進んだ方法として、ネットワークに接続出来るハードディスクにファイルを保存する方法があります。それぞれのパソコンとハードディスクを社内ネットワークに繋ぎます。

そして、各々が作成したファイルはハードディスク上の共有フォルダに保存します。こうすることで、ハードディスクは常にネットワークに繋がっていますので、ファイルの作成者が不在であってもそれを閲覧出来るということです。

普通のハードディスクはパソコンに内蔵されていたり、USBで繋ぐことで使用します。

しかし、内蔵のハードディスクはもちろんそのままではファイルを共有出来ませんし、USB接続のハードディスクは共有する度にUSBで繋ぎ換えなければいけません。その為、ネットワークに接続出来るハードディスクを使うことで、その手間を省くというわけです

これよりさらに大掛かりになると、サーバーを導入してそこからいろいろと管理する方法があります。しかし、ここまでくるとかなりの知識が必要になってきますので、余程容量が大きいファイルを多用するのではない限り考えなくても良いでしょう。

インターネットに繋ぐ程度なら、パソコンが苦手な方でもプロバイダーのサポートを得るなどして設定することは可能です。

また、フォルダをお互いに閲覧出来るようにするだけならば、実はスマホ片手に手順を調べながらでも設定は出来てしまいます。

あとはハードディスクやサーバーを導入するかは、会社規模やパソコンの知識がどの程度あるかによって変わってきます。

3..まとめ

小規模オフィスでネットワークを構築する場合、いろいろな方法があることが分かりました。パソコンが苦手な方ほど漠然と考えて、ネットワークの構築など自分には出来ないと思っていたかもしれません。

しかし、実際には自分でもある程度は構築出来ます。また、インターネット環境はビジネスを行う上で必須となっていますので、皆さんの状況に合わせて適切なネットワークを構築してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。必須項目には印がついています *