ネットワーク構築に必要な機器とは?

仕事を円滑に進めていくためには、従業員一人一人の、個人としての能力も重要です。
しかし、その能力を十分に活用するための、整ったオフィス機器というものも非常に重要となります。

オフィスでの仕事を快適に行うためには、ネットワーク機器を充実させ、スムーズに活動させることが必要です。
オフィスネットワークに必要となる機器について紹介します。

目次

1.オフィスネットワークの重要性

オフィスネットワークの重要性
仕事をスムーズに進めていくためには、オフィス機器を整えることが重要となります。

もちろん、そろえられたオフィス機器を活用する従業員それぞれが、機器をどれだけ活用できるか、あるいは仕事の能力がどれだけあるのかといった問題も重要です。しかし、オフィスネットワークをしっかりと構築することによって、それまでの仕事の効率を向上させることができることもあるので非常に重要です

インターネット技術・IT技術が発展するとともに、オフィスでの仕事は、パソコンやプリンターなどの様々なインターネット技術を活用した機器が必要不可欠となりました。

オフィスの仕事はこれらを使用することなくできるものが少なくなってきたこともあり、オフィスネットワークを構築し、そのための周辺機器を充実させることは仕事の効率と深くかかわるようになったのです。

オフィスネットワークを活用しているものは、多種多様です。資料や書類を作成するために役立つパソコンをはじめとして、書類のコピーや取り込み・共有に重要となる複合機、様々なモバイル端末などがそれらにあたります。

これらの機器のネットワークの接続の範囲を広げ、かつスムーズにすることで、従業員間での情報共有がスムーズに行えるようになります。

2.オフィスネットワークと必要となる機器

オフィスネットワークと必要となる機器
オフィスネットワークとは、ネットワークを活用しているオフィスの機器がすべてネットワーク上でスムーズにつながっている状態であることを示しています。

ネットワークに接続しているオフィス機器は、おもにパソコンにはじまり複合機、Web会議システムに必要となる機器などが該当します。これらの機器がうまくネットワークに接続されている状態をつくりだすためには、いくつかのインフラ機材が必要です。

オフィスネットワークを構築するために必要となる機材は、LANやルーター、サーバー、アダプターなどがおもなものです。どの機器を使うかによって、接続の良し悪しが決まるのですが、どの機器が良いかは、オフィスの規模や立地など様々な条件によって決定されます。

もし、中小企業などでオフィスの規模が小さくなる場合は、オフィスネットワークはピア・ツーピア方式が勧められます。

このピア・ツーピア方式は、専門的な知識を必要とせず、簡単にネットワークを構築することが可能となるので、オフィスネットワーク環境を整える人員を割くことができない場合に非常に便利です。ピア・ツーピア方式では、各パソコンに共有フォルダーを作成することができ、そこでデータ共有や交換をすることができます

一方で、大企業でオフィスの規模も大機のであるならば、オフィスネットワークの構築は、社内にサーバーと呼ばれているLAN全体を管理するためのパソコンを設置して行うこととなります。サーバー内で、様々なデータや従業員のIDなどといった情報を一元管理する方式です

この方式では、従業員がそれぞれ使うこととなるひとつひとつのパソコンはクライアントと呼ばれることになります。

インターネットに接続する方法は、おもに二通りあり、一方が無線LANであり、無線LAN親機と子機となるパソコンをケーブルなしで接続します。もう一方が有線LANであり、こちらはパソコンとルーターを接続する際にケーブルを用いる方法です。

一見無線LANの方がケーブルを使用しないのでオフィス内がすっきりして使い勝手が良いように感じられますが、必ずしも優れているというわけではありません。無線LANは、ケーブルが存在していないがために仕組みが複雑になります。

そのため、何らかの障害が起こりネットワークが接続できない状態になってからの復旧に時間がかかってしまいます。有線LANでネットワークを構築しようと考えた場合、用意する機材はルーターとHUB、サーバーにケーブルです。

ルーターの初期設定を行い、LANとWANの設定、パソコンの設定を順次行います。複合機などほかの機器とも接続する場合は、ケーブルで接続した上でそちらの設定も行わなければなりません。

オフィスネットワークを構築する際に注意することは、どれだけ安く機器を購入するかということではありません。ネットワークが安定して活用でき、かつ通信速度がどれだけ早いのか、そして障害が起きた際にどれだけ早く復旧できるのかといった点です

これらの点で安心できる機器を購入することが重要となります。また、最低限必要となる機器以外にも落雷防護装置やセキュリティー機器もあるので、あわせて設置することが勧められます。

3.まとめ

オフィスネットワークをうまく構築することは、仕事をスムーズに、そして快適に進めていくために非常に重要です。

構築の方法は、無線LANや有線LANなど方法が分かれ、それによって必要となる機器も、サーバーやルーター、ケーブルなど様々異なってきます。

これらの機器を選ぶ際に重要となるポイントは、安さではなく通信の安定性やセキュリティなどになります。これらのことを踏まえて、ネットワーク機器は選択していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。必須項目には印がついています *