ネットワークの構築方法と注意点!

多くの企業では業務をスムーズに行うためにオフィスのネットワークの構築をしています。

社内のネットワーク接続の環境が整っていればすぐにインターネットに接続することが出来たり、書類などをデータ化して社員同士で共有することも出来るようになるのです。

そこで仕事に役立つオフィスのネットワークの構築方法やポイントについて紹介します。

目次

1.準備段階で決めておきたいこと

準備段階で決めておきたいこと
本格的にオフィスにネットワークを構築する前には幾つかの項目を決めておきます。無線のLANか有線のLANにするのか、拠点やIPアドレスについてもしっかり考えておきます。

まずはLANの種類を決定します。オフィスにネットワークを構築してインターネットに接続するためにはLANケーブルが必要です。

LANケーブルには有線のものと無線のものがあり、有線LANはパソコンなどの機器とケーブルで繋げてネットワークに接続します。

無線LANは無線LANの親機と子機をケーブルを使わずに接続する方法です。有線LANはパソコンや複合機などの台数分のケーブルが必要となりますが、無線LANが無い機器とも接続出来ます。

無線のLANは外部からのアクセスを防ぐセキュリティーが必須となりますが、ケーブルが必要無いので場所を取らないのがメリットです。それぞれのメリットデメリットを把握して導入方法を選びます。

オフィスにあるネットワークの出口を場本社などにまとめることも可能で、支店などにある拠点を社内のネットワークに結ぶことでひとまとめに出来るのです。

ネットワークをまとめておけばセキュリティーの管理を同時に行うことができ、データの共有も楽になります。

複数の支店がある場合やネットワークをまとめて管理したい場合には拠点数を把握しておきます。ネットワークの設定次第では接続出来る数に限りが出てくるので、拠点数を知っておくことも大切です。

IPアドレスは接続する機器の台数や拠点数によって体系が変わってくるので事前に決めておくと安心です。

IPアドレスは固定にするのか自動取得にするのかも決め、複合機やサーバーなどは固定にして、パソコンやスマホ、タブレットは自動取得の運用にするなど具体的に決めておくとスムーズに準備を進められます。

2.オフィスのネットワークの構築方法

オフィスのネットワークの構築方法
オフィスにネットワークを構築するための手順は、必要な機材を全て準備してルーターの設定をすれば完了です。ルーターの初期設定だけすればほとんど設定自体は終わりなので簡単です。

まず説明書などを参考にルーターのLANとWANの設定をし、ルーターこLANのIPアドレスとパソコンなどの機器のIPアドレスのネットワークアドレスが合っていることを確認します。

パソコンを設定するときにはコントロールパネルを開いてネットワークとインターネットの項目からネットワークの状態とタスクの表示を選択します。

新しいネットワークのセットアップに進んで設定をして終了です。

パソコンの種類やOSの種類によって設定方法が異なるので、分からない場合は説明書を読むかインターネットなどで調べます。

複合機の設定もパソコンと同じように説明書を読みながら自分でIPアドレスの設定をする必要があり、複合機のプロパティを開けば設定画面になります。分からない部分があれば説明書を見直したり、複合機を扱っている業者や担当者に相談することも大切なポイントです。

3.導入時の注意点

導入時の注意点
ネットワークを構築するときにはネットワークの構築図を作成します。

ネットワークの構築図は決まった書き方や方法は無いので、出来るだけ分かりやすく書くことが大事です。

構築図を作った本人にしか内容が分からないものだと設計するときや導入するときにトラブルが起きてしまう可能性があるので、誰でも分かる設計図を作ることを心掛けます。

ネットワークを接続する機器を簡単にまとめたり、設定で必要となるIPアドレスやパスワードなどを記載しておきます。トラブルが起きてしまったときの対策方法や担当者の連絡先などま明記しておくとより親切です。

情報の漏洩や災害に備えるためにはシステムのデータを分離します。

データの管理は会社の社会的な責任も関わる部分なので、あらかじめ対策をしておくことも重要です。パソコンなどの機器がウイルスに侵されてデータが漏れてしまっても分離しておけば大きな被害は避けられます。

予備のシステムが常に確保されている状態なので、何か問題が起きてもすぐに対応出来るのが良い点です。

4.まとめ

ネットワークをオフィスに構築する際には必要な機器やLANの種類を把握し、手順などをきちんと理解してから作業に取り掛かります。

設計図も用意して、作業に関わる人たち全員が分かるような資料も用意しておきます。分からないことがあれば専門家に相談したり、説明書を読んで問題の解決に取り組むようにすれば期間も短期間で済むのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。必須項目には印がついています *