ネットワーク設計会社を開業する方法

サラリーマンなどでも、正式な法人として独立開業をしたいと考えている人も多いのではないでしょうか。

その際、しっかりとした事前準備をしておかないとトラブルの元になってしまうことがあります。
また、起業までの流れを知っておくことはとても大切なことです。

そこで、法人として開業するために必要な知識をご紹介します。

目次

1.オフィスネットワーク設計の必要な準備は?

オフィスネットワーク設計の必要な準備は?
オフィスネットワーク設計企業を立ち上げる時に必要な準備としては、最初に会社名を決定することです。

他には、「印鑑」が必要です。印鑑の種別としては、代表者印・銀行印・角印・ゴム印・認印などがあります。また、会社のロゴも決定して商標登録をしておく必要があるでしょう。

会社のロゴを決定する際には、会社のイメージを覚えてもらいやすいロゴにするのが得策です。デザインを作成する際には、デザイナーに任せる手法や、広告代理店、デザイン印鑑会社などに発注する方法があります。

他にも、クラウドソーシングなどを利用する方法もあります。またサインを決める必要があります。ここでのサインとは、会社名・屋号・取扱商品などを表す看板や、会社の入り口やドアに貼るステッカーなどのことをさします。

一般的には、製作は「サイン・看板会社」などに任せます。他にも、不動産会社や事務機器事務用品取扱店、印刷会社などでも作ってもらうことが可能です。更に、営業活動をするのに欠かせないのが名刺です。

名刺にはあらかじめ設定したロゴをデザインし、広告代理店やデザイナー、デザイン会社に発注するのが一般的ですが、コストを抑えたい場合には自前のプリンターにて印刷する方法もあります。

他に用意すべきものはホームページがあると良いでしょう。会社を宣伝する上でとても重要な役割を果たしてくれます。ホームページの作成には、業者などに委託する方法や、自分たちで制作する方法などがあります

コスト優先であれば自分たちで制作するのが良いでしょう。ただし、独自のドメインを取得した方が有利です。次には、メールアドレスも必要です。メールアドレスは顧客と取引するためにとても重要なツールとなります。

メールアドレスの種類としては、インターネットサービスプロパイダーのメールや、ホームページで利用しているドメインのメール、携帯電話、Gmailなどのフリーメールなどがありますが、フリーメールは迷惑メールと判断されるのであまり使用するのはお勧めできません。なお、会社を起業する際には、電話番号とFAX回線の確保も必要です。

2.オフィスネットワーク法人で開業する時の手続きの流れ

オフィスネットワーク法人で開業する時の手続きの流れ
次に手続きの流れについて説明すると、最初に会社設立項目の決定をします。

この際に具体的に決めなければならないことは、会社名と事業目的、本店所在地、資本金、資本金を出す株主の構成、資本金を株主から調達する場合には機関設計が必要となります。

また、事業年度をどうするかも決定しておかなければなりません。次に会社の印鑑を用意します。印鑑を用意できたら印鑑証明書を取得しておきましょう。また、設立費用についても考慮しておく必要があります。

ここまで完了すると定款の作成と認証が必要です。

定款というのは、会社の基本ルールを書面にまとめたものを言いいます。会社を興す際には定款を作成することが義務付けられています。定款を作成するときには、紙文書ではなくPDFなどの電子文書にしておくと定款に貼るべき収入印紙代の4万円を節約することが可能となります。

定款の作成が完了したら、定款の認証作業へと移ります。最近では、定款の認証手続きもWeb上にて行うことができるようになりました。Web上にて手続きを行えば公的役場に行くよりも短時間で作業を終了することが可能です。

次に、登記書類の作成が必要です。その際には定款・資本金の「払込証明書」や「印鑑証明書」、「株式会社設立登記申請書」、「登録免許税貼付用台紙」、登記すべき事項を保存したCD-RかDVD、設立時役員の「就任承諾書」、「印鑑届出書」が必要です。

ここまで完了すると株式会社設立登記となります。会社の登記の方法は、法務局に行って登記する方法と、郵送で行う方法、Webにてオンラインで行う方法が選べます。

最後に開業の届出が必要です。この届出のときには、法人設立届出書や、青色申告の承認申請書、給与支払事務所等の「開設届出書」などが必要です。

3.まとめ

以上説明したように、オフィスネットワーク設計の会社を起業する場合には、あらかじめ用意するものがあり、決められた手順にて起業活動を実施する必要があります。

今回ご紹介した内容に基づいて、スムーズな企業をするように心がけてください。この知識に基づいて、周到な準備がスムーズな企業のカギとなりますので、ぜひ参考にしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。必須項目には印がついています *