オフィスの準備に欠かせないネットワーク工事の方法

オフィス環境を整えるためにはネットワークの構築が必要になります。

ネットワーク工事を入れるときにはどのような準備が必要なのでしょうか。

オフィスを起ち上げるときや、オフィスのネットワーク環境の改善を行うときに必要な工事について理解しておきましょう。社内の人材でも行えるのかどうかを考えられるようになっておくのも大切です。

目次

ネットワーク工事の前に必要なこと

ネットワーク工事の前に必要なこと
新しいオフィスを起ち上げるときには単純にオフィスレイアウトを整えて什器を搬入すれば良いわけではありません。

適切なネットワークを構築することで業務を行えるようになるため、予めネットワーク工事も手配しておくことが肝心です。

オフィスの起ち上げの場合にはオフィス機器として複合機やパソコンなどを導入する際にネットワーク工事も業者に依頼するのが簡便でしょう。

一方、オフィスのネットワーク環境を改善させたいというときにも工事が必要になる場合もあります。このときには以前にオフィスのネットワークを構築してもらった業者か、ネットワークに強いエンジニアを揃えている業者に相談して工事してもらうのが安全策です

既存のネットワークを改変するには現状を把握しなければならず、過去のデータがないと工事の実施までにトラブルが起こる可能性があるからです。

どちらの場合にも業者に依頼する前に必要な準備があります。

有線か無線かを選択

有線の場合には壁や柱などへの埋め込みを行うかどうかによって工事の規模も必要な費用も大きく変わるので注意しましょう。

どれだけのパソコンなどの端末を使うかによって必要な配線にも違いがあるため、オフィスが完成したときの様子を想像して、どのように運用するかを決めておくことが必須です。

一方、無線の場合には現場でどの程度の数の端末を使うかを見積もれていれば大きな問題はありません。配線工事も特に大きなものは必要なく、どこに無線のアクセスポイントを設置するかを決めれば解決します。

有線と無線は同時に配備することもできるので、運用しやすいネットワークについてよく考えた上で工事を依頼するのが大切です。

一方、単純なLAN回線以外にもネットワークを構築するときにはこの時点で決めてしまっておくのが無難です。

サーバーを導入したり、監視カメラなどをネットワーク上に組み込んだりするときには設置工事と合わせて設定も依頼できます。また、本社と拠点の間でVPN接続を可能にするときにも同様で、合わせて工事を依頼してしまった方が安上がりで簡便に手配可能です。

社内の人材で工事を行える範囲

社内の人材で工事を行える範囲
どのようなネットワークを組むかについて具体案ができたら、本当に全てを業者に依頼して工事するのかも考えておくに越したことはありません。

簡単な配線や設定で済むものであれば社内の人材でも工事を行える可能性があり、大幅なコストダウンを実現できると考えられるからです

インターネット回線の終端装置やルーターさえあれば、そこから有線LANを引いたり、無線LANの設定をしたりするのはそれほど難しいことではありません。

有線LANならLANケーブルとハブを購入してきて、ルーターとハブをつないだ後でハブからパソコンや複合機などに接続していけば良いということになります。

壁にLANケーブルを埋め込みたいようなときには専門業者による工事が必要ですが、単純に接続するだけなら社内の人材でも実施可能でしょう。

一方、無線LANの場合にはハブの後にアクセスポイントとなる無線LANルーターを用意して接続するだけです。両方使用したいときにはそのハブからLANケーブルを使って接続すれば良いだけなので簡単に工事を行えます。

この程度までならそれほどネットワークに詳しくない人でもできるので、あえて業者に依頼しないで試してみるのも良いでしょう。もしうまくネットワークが機能しなかったという場合には、買い揃えた機器を使って業者に工事をしてもらえば問題ありません。

ただし、ネットワークを社内の人材に構築させたときには設定も自ら行う必要があります。工事自体よりもむしろ設定で戸惑ってしまうというケースもあるので、ネットワークを作ったのに動作がおかしいというときには設定が正しいかどうかを業者に問い合わせてみると良いでしょう。購入した個々の機器のメーカーに問い合わせれば対応してもらえます。

オフィスのネットワーク工事についてのまとめ

オフィスの起ち上げやネットワークの改善のときには工事が必要になりますが、事前にどのようなネットワークが必要かをよく考えておくことが大切です。

LANを構築する程度なら社内の人材に工事をしてもらうとコスト削減になります。設定がうまくできていないために動作しないこともあるので、困ったときには機器のメーカーに問い合わせて対策を考えてみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。必須項目には印がついています *