オフィスで使用するパソコンとネットワークの工事

オフィス内で書類を渡したり、データ交換をする際などに面倒だと感じる人も居ます。そんな時に役立つのが社内ネットワークなのです。

社内ネットワークがオフィスにあると、データ交換なども簡単に行えて作業効率がアップするのです。

今現在オフィスに社内ネットワークが無い会社、これから起業をする人達に分かりやすくネットワーク工事の流れなどを紹介していきます。

目次

1.ネットワーク工事の流れ

ネットワーク工事の流れ
ネットワークを工事するにあたって、まずは業者探しから始まります。
まず、以下の事をポイントとします。

  • 工事費、工事期間
  • 社内ネットワークの接続方法
  • 社内ネットワークのサーバー設置場所

【工事費、工事期間】

初めに、工事費は、現時点で自分や会社が納得できる金額である事が大切です。工事費に見合う内容の仕事なのか、仕事を効率化できるのかを考える必要があります。

いくら良いプランの工事をしても、社内ネットワークは、月々の維持費が掛かりますので、何を効率化したいのか、何を目的として社内ネットワークを構築していくのかを計画しておくと無駄を無くせます。

工事する業者さんにもよりますが、格安のプランを選んで得したと思っていても、社内ネットワークに接続が出来なくなったり、サーバーが故障してしまう可能性も捨てられないです。

もしもの時の為に、社内ネットワークやサーバーを修理してくれるサポート(保証)があるのかを業者さんに予め聞いておくと、緊急事態が発生しても安心出来ます。

「すぐには壊れないだろう」「自分でなんとか出来るだろう」と思うのは良くないです。社員にネットワークスペシャリストが居れば、ある程度の修理は出来ますが、居ない場合はサポートがある業者を積極的に選ぶ方が安心です。

工事期間中に仕事が出来なくなるのでは?と思っている方も居ます。現在、オフィスで仕事をしている場合でもネットワーク工事を平行して行う事は可能です。

業者さんによっては、社内ネットワークの工事をしている時は、オフィスを使用しないで欲しいと言われる場合もあります。社内ネットワークの内容にもよりますが、サーバーをたてて社内ネットワークを構築しようとお考えであれば、サーバーを設置したりサーバーの設定などの時間も必要になります。

その場合、業者さんによりますが、最高でも一週間以内にはネットワーク工事は終わります。

経営を開始する前や社員が長期休暇になる時に工事が出来る様に日程を組むと良いです。勿論、先程も説明しましたが、仕事をしながらでも工事をしてくれる業者さんもありますので、経営者としてベストだと思う時期に工事する事が何よりです。

【社内ネットワークの接続方法】

一昔前では、ネットワークに接続する場合は、有線のLANケーブルが必要な時代もあったのです。しかし、現代では、ネットワークに接続するのに有線LANケーブルが必ずしも必要では無くなったのです。

例えば、オフィスで複数のパソコンがあったとしたら、その分だけのケーブルが求められます。でも、現代は、無線LANがあるので、有線LANケーブルが必要無くなります。

快適な無線LAN、しかし注意する必要があるのです。

有線LANケーブルとは違い無線LANは、電波が届く範囲であれば、どこからでもどのパソコンでも不正にアクセス出来てしまうリスクがあります。

無線LANにしたい方は、工事する時に、ネットワークのセキリティについて説明してもらうと良いです。
その反面、有線LANケーブルでは、オフィスに入りLANケーブルをささないとアクセスも出来ないセキリティ面では強いのです。

【社内ネットワークのサーバー設置場所】

社内ネットワークを構築する時に、サーバーをオフィスのどこに設置するのか迷っている方、サーバーにも色々種類があるのです。

まずは、オフィスの中に設置する方法もあります。この場合は、ある程度の場所を確保しておかなければならないです。サーバーは、熱を発します。仕事中だけ起動させる場合は、オフィスのクーラーなどを利用して冷却できます。

また、サーバーは電気が無ければ起動しないので、電気代も掛かります。オフィスにサーバーを設置するにあたって、この事は覚えておきましょう。

この様な事は、自分の仕事場では不可能と思った方、サーバーを別の方法で置いておく事も出来るのです。
クラウドと呼ばれるサービスを利用する方法です。

クラウドとは、簡単に説明すると、サーバーは別の場所にあるけれど、オフィスの中だけではなく、アクセス権がある人ならどこからでもサーバーにアクセス出来るサービスです。

クラウドは、月々の費用は掛かりますが、電気代や場所などを心配する事が無くなるのがメリットです。

2.最適なパソコンの選び方

最適なパソコンの選び方
オフィスに置くパソコンをどの形態にしようかと迷っている方も居ます。デスクトップ型のパソコンは、場所を取るのが唯一のデメリットと言えます。

主にずっとデスクに座って仕事をするのであれば、デスクトップを選ぶのも良いです。また、パソコンをあちこちに移動させたいと思う方は、ノートパソコンを選択した方が便利です。

仕事の内容によって、最適なパソコンを選ぶのです。

3.まとめ

ネットワーク工事の流れは、社内で使う内容によって業者さんやプランを選ぶ事が大切です。ネットワークの接続方法では、オフィスやサーバーなどに合った接続方法を選択するのです。

サーバーは、クラウドと自社サーバーどちらにしたら良いのかを考える必要があります。そして、最適なパソコンを選ぶ事によって、仕事の効率化を上げる事も可能なのです。

これらの事を覚えてネットワーク工事を始めるとスムーズに工事が進みます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。必須項目には印がついています *